ハワイアンキルトのことならどんなことでも -アンのハワイアンキルト-

ハワイアンキルトに使われる植物

ハワイアンキルトには通常ハワイで見られる植物をモチーフとして使われます。植物の中でも実、葉、花、茎などがモチーフの中心となります。よく使われるモチーフには、パイナップル、プルメリア、ハイビスカス、ウル(パンノキ)、アンセリウム、シダなどがあります。モチーフになる植物や花には、ハワイの逸話などもあるので、意味のあるモチーフもたくさんあります。また、コンテンポラリー・ハワイアンキルトとして使われるモチーフには、海の生き物、フラの時に使われる楽器などもあります。ここでは私がデザインしたモチーフの中の植物をいくつかご紹介していきましょう。

植物一覧

ウル(パンノキ)


パンノキと呼ばれるくらい、主食になるような栄養素がたくさん含まれている。大きな木に大きな実がなるように「Good Luck」の意味があり、初めてのハワイアンキルトのモチーフとしてオススメのデザインである。写真はマウイ島のハナマウイホテルの庭で撮影。

ハイビスカス


ハイビスカスの花はハワイ州の花に認定されているくらい、ハワイの代表的な花の一つである。写真の白い花びらに赤い芯があるのはハワイ固有の「コキオ・ケオ・ケオ」と呼ばれる。写真はマノアの森の中で撮影。

プルメリア


ハイビスカスに次ぎ、ハワイの代表的な花。レイにも使われるように、香りが甘く色も白、黄色、ピンク、濃いピンクなど種類が豊富である。ハワイのどこの島に訪れてもプルメリアは良く咲いている。

アンセリウム


不思議な花びらをしているアンセリウム。日本ではハートの形をし、赤い花びらが多いが、ハワイでは色々な形や色の物が林の中などに生息している。色は赤を始め、白、ピンク、グリーンなどもある。香りはなく切り花にしても長持ちする。

モンステラ


葉に穴が開いているとても不思議な葉である。小さいものから大きなものまで生息している。この写真はライアン演習林(マノア)で撮ったものであるが、ここには大きなお化けサイズのモンステラが生息。

プロテア


この写真はキングプロテアと呼ばれ、プロテアの中でも大きな花を咲かす。もとはアフリカが原産であるが、マウイ島のクラの温度差がある、乾燥した気候がとても合い、ハワイ大学の研究の一環として、たくさん栽培された。香りは全くなく、生け花以外にもドライフラワーとしてもアレンジメントによく使われる。

ティアレ


ティアレはタヒチアン・ガーデニアとも呼ばれ、香りが甘く、髪飾りとしても良く使われる。この写真はマウイ島のケア・ラニ・ホテルで撮影。

レッドジンジャー


ジンジャーの花は良くハワイでは見られる。ジンジャーとはショウガであり、葉を見ていただくとショウガであることがわかっていただける。このレッドジンジャーはほとんど香りがないが、真っ赤な部分はがくであり、白い花はがくの間から咲く。

ホワイトジンジャー


ホワイトジンジャーは良くレイに使われる、甘く香りの高い花である。通常レイでは花の開く前の蕾みの状態が使われる。プウ・オヒア・トレイル(ホノルル)に入って行くと、香りの素晴らしく良い場所を見つけられる。そこには花が咲いている状態のホワイトジンジャーに出会う事ができる。

パイナップル


ハワイのフルーツと言えばパイナップルは代表的である。この写真はオアフ島のワヒアワのパイナップル畑で育っている物を撮影。ハワイのスーパーで売っている熟れて、黄金色をしたパイナップルでさえ、味は甘く、本当に美味である。

エンジェルストランペット


エンジェルストランペットとは誰がネーミングしたか、素敵な名前である。大きなラッパ型の花が地面を向いて咲いている。1本の木にたくさんの花がぶら下がっているのは、エンジェルが降りてくる様子を見ているようだ。この写真はマウイ島のクラロッジの庭に咲いている花である。

月下美人


1年に1度しか咲かない月下美人。毎年9月頃になると大きな蕾みをつけ、ある夜、突然に咲き出す。しかも同じ根から出ている花は、一度に咲き誇るのでその状態は圧巻である。この写真は名門プナホウ・ハイスクールの周りに植えてある月下美人である。1年に一夜しか咲かないので、毎日通りがかりタイミングを伺うので、花に出会うと感激する。

ティリーフ


ティーリーフは、昔のハワイでは万能薬として活躍していた葉である。葉は熱を吸収する働きをし、解熱剤の役割をしていたので、病気になるとティーリーフを体や頭に巻いたりして、使われたという。また料理をするときに材料を巻き、蒸らしたりするときの包む手段としても使われた。フラを踊る際もスカートとして使われたりするので、何でも使える素晴らしい葉である。

シダ


シダはハワイで食用にも使われた事もあり、重要な植物の1つである。森の中には必ずシダが生息し、カウアイ島のシダの洞窟も有名であるように、ハワイを代表する植物の一つである。この写真のシダはラウア・エであり、作られた葉のように、不思議なデザインがとても特徴的である。

ナウパカ

ナウパカの花は、花が半分で切られてしまっている形をしている。ナウパカの花にはいくつかの逸話が語られている。昔恋人同士だった者が火の神ペレの嫉妬心にあい、山と海に別れさせられた。そして、その恋人同士は死んでしまい、海ナウパカと山ナウパカになったという伝説がある。悲恋物語だが、ハワイアンキルトではその恋人達の為に、海と山のナウパカを一緒にデザインしたものが多い。

海ナウパカ

山ナウパカ1

山ナウパカ2